為替情報ネットナビ - ユーロ/カナダドル EUR/CAD リアルタイム為替チャート

為替計算機:  株価検索
InstaForex is a universal Forex portal for traders
ユーロ/カナダドル

NEWS

シカゴ日経平均先物(20日)
GMOクリック証券
取引手数料0円、高水準のスワップポイント、証券会社の強みを生かし、証券口座とFX口座間の即時振り替えが可能です。 取引システムの使いやすさNO.1!初心者からデイトレーダーにも好評の高性能取引ツールが無料で使えます。

>>詳しくはこちら

ユーロ/カナダドル EUR/CADの為替ニュース

【NY外為】ドルは上昇分をほぼ失う-NAFTA交渉の動き受け
10/18 02:02
カナダ・ドルとペソはNAFTAに関する報道に反応して一時急落したが、その後は値を戻した。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は小幅高。一時0.4%
カタルーニャがもし独立したら、ユーロ通貨を使えるのだろうか ...
10/19 21:36
ユーロは既に勝手に使われている 実は、ユーロは既に勝手 ... 「勝手に使う」とはどういうことか、米ドルを使って説明してみる。 まずは注意。 カナダ・ドル、オーストラリア・ドルなど
ドル指数低下、ユーロは堅調な独指標受け上昇=NY市場
10/10 00:11
ユーロ/ドルは0.1%高の1 ... 的に買い入れを終了させる必要があるとの考えを示したこともユーロ支援要因となった。 この日は日本、カナダ、韓国、米国などが祝日となっ
IMM通貨先物、ドル売り越しが2週連続減少
10/15 23:41
ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は、154億2000万ドルで、前週の168億3000万ドルから減少した。売り越しは13週間
NY外為市場=ドル指数低下、ユーロは堅調な独指標受け上昇
10/09 22:26
ユーロ/ドルは0.1%高の1.1748ドル、ユーロ/円は0 ... 終了させる必要があるとの考えを示したこともユーロ支 援要因となった。 この日は日本、カナダ、韓国、米国などが祝日
UPDATE 2-トランプ米大統領、次期FRBトップ人事にパウエル氏
10/21 06:53
[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、次期連邦準備理事会(FRB)のトップ人事について、パウエルFRB理事とテイラー・スタンフォード大教授の両氏を検討して
〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(20日)
10/21 06:46
[20日 ロイター] - 円 113.50/113.53 ユーロ 1.1783/1.1787 スイスフラン 0
NY市場サマリー(20日)
10/21 06:35
[20日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。米国で税制改革に向けた動き が進展するなか、財政の後押しにより米経済の成長が加速するのではないかとの見方から リスク選好が高ま
米国株式市場=主要3指数最高値更新、予算決議案上院可決受け減税に期待
10/21 06:19
[ニューヨ-ク 20日 ロイター] -  終値 前日比 %
NY外為市場=ドル上昇、米税制改革の進展期待でリスク選好高まる
10/21 06:11
[ニューヨーク 20日 ロイター] - ドル/円 NY終値 113.50/113.53 始値 113.27

為替レポート

Daily Market Report(10月19日)
Daily Market Report(10月19日)
(10/21)
発表元:三菱東京UFJ銀行
FX Weekly (10月20日号)~ドル円:目立つ上昇材料と並存する上値の重さ / トピックス:次期FRB議長の指名近づく
FX Weekly (10月20日号)~ドル円:目立つ上昇材
(10/21)
発表元:三菱東京UFJ銀行
Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し。「株式市場は活況」
Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し。「株
(10/21)
発表元:三井住友銀行
Daily Market Report(10月18日)
Daily Market Report(10月18日)
(10/20)
発表元:三菱東京UFJ銀行
【キーワード】米『為替報告書』、為替操作国の認定はなし
【キーワード】米『為替報告書』、為替操作国の認定はなし
(10/20)
発表元:三井住友アセットマネジメント
株価検索株式ニュース為替情報米国株金価格投資書籍口座開設
当サイトに掲載されている内容は情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としておりません。 また提供される内容及びデータの正確性、完全性、有効性を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。 実際の取引を行う際は金融機関の担当者にご確認の上、ご自身の判断で行うようにお願い致します。 当サイトはブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用下さい。