為替情報ネットナビ - ユーロ/スイスフラン EUR/CHF リアルタイム為替チャート

為替計算機:  株価検索
InstaForex is a universal Forex portal for traders
ユーロ/スイスフラン

NEWS

ユーログループ、ギリシャ融資暫定承認へ 債務軽減では深い溝
GMOクリック証券
取引手数料0円、高水準のスワップポイント、証券会社の強みを生かし、証券口座とFX口座間の即時振り替えが可能です。 取引システムの使いやすさNO.1!初心者からデイトレーダーにも好評の高性能取引ツールが無料で使えます。

>>詳しくはこちら

ユーロ/スイスフラン EUR/CHFの為替ニュース

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.11フラン付近、スイスでタンス .
05/23 09:25
ユーロ/スイスフラン は1.1112フラン付近で、2月初旬以来約3カ月半ぶりの高値圏にある。 スイス政府は、国内の預金者がマイナス金利政策の影響を避けるために、世界で最も高額な紙幣
為替介入撤廃後、値動きは安定 時計の輸出も好調 スイス・フラン
05/23 01:13
スイス・フランはスイスの通貨です。スイスはよく知られているように永世中立国であり、欧州各国とは政治的にも経済的にも一線を画しています。ユーロ圏にも入っておらず、独自通貨であるスイス
〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(24日)
05/24 23:04
[24日 ロイター] - 円 109.98/110.00 ユーロ 1.1140/1.1142 スイスフラン 0.9927/0.9940 英ポンド 1.4630/1.4642 カナダ
1000フラン札は「スイス文化の一部」
05/20 15:36
スイスの1000フラン札(約11万円)は世界で最も高額な紙幣の一つだ。欧州中央銀行は今月4日、違法行為を防止する目的で2018年末までに高額紙幣の500ユーロ札の発行を停止する計画
NY為替:ユーロ下落、ECBが成長鈍化や金融安定リスクを指摘=金融
05/24 18:58
ユーロ・ポンドは0.7656ポンドから0.7631ポンドへ下落し、2月4日来の安値を更新した。ユーロ・スイスは1.1067フランまで下落し、18日来の安値を更新した。 ECBは報告
トヨタと米ウーバー、ライドシェアで提携 
05/25 05:27
両社の共同声明によると、今回の合意により、車の購入予定者がトヨタ・ファイナンシャル・サービシズから車両をリースし、ウーバーの運転手として稼いだ利益を支払いに充てることが可能になると
米金融・債券市場=国債価格下落、2年債入札受け安値からは戻す
05/25 05:23
[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標銘柄
シカゴ日経平均先物(24日)
05/25 05:22
[24日 ロイター] - <シカゴ日経平均先物> シカゴ日経平均 清算値 前日大阪比 始値 高値
世界の石油・ガス企業、年間最大1兆ドルの投資必要=シェルCEO
05/25 04:38
[ハーグ 24日 ロイター] - 英蘭系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェル のベン・ヴァン・ビューデン最高経営責任者(CEO)は24日、国連主導で進められている温室効果ガスの排
欧州市場サマリー(24日)
05/25 04:25
[24日 ロイター] - <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード

為替レポート

人民元週間レポート【難しい舵取りを強いられる当局】2016年5月20日
人民元週間レポート【難しい舵取りを強いられる当局】2016年
(05/25)
発表元:みずほ銀行
オフショア人民元レポート【タカ派のFOMC議事録を受けて、米ドル/オフショア人民元は3ヶ月ぶりの高値となる6.5818まで元安が進行した】2016年5月23日
オフショア人民元レポート【タカ派のFOMC議事録を受けて、米
(05/25)
発表元:みずほ銀行
アジア主要通貨・株価の動き (2016.5.23)
アジア主要通貨・株価の動き (2016.5.23)
(05/25)
発表元:国際金融情報センター
通貨レポートVol.2 ブラジルレアル
通貨レポートVol.2 ブラジルレアル
(05/25)
発表元:野村アセットマネジメント
どうなる!? ブラジル経済と通貨レアルの見通し
どうなる!? ブラジル経済と通貨レアルの見通し
(05/25)
発表元:大和住銀投信投資顧問
株価検索株式ニュース為替情報米国株金価格投資書籍口座開設
当サイトに掲載されている内容は情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としておりません。 また提供される内容及びデータの正確性、完全性、有効性を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。 実際の取引を行う際は金融機関の担当者にご確認の上、ご自身の判断で行うようにお願い致します。 当サイトはブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用下さい。