為替情報ネットナビ - 英ポンド/カナダドル GBP/CAD リアルタイム為替チャート

為替計算機:  株価検索
InstaForex is a universal Forex portal for traders
英ポンド/カナダドル

NEWS

〔マーケットアイ〕株式:寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行
GMOクリック証券
取引手数料0円、高水準のスワップポイント、証券会社の強みを生かし、証券口座とFX口座間の即時振り替えが可能です。 取引システムの使いやすさNO.1!初心者からデイトレーダーにも好評の高性能取引ツールが無料で使えます。

>>詳しくはこちら

英ポンド/カナダドル GBP/CADの為替ニュース

【これからの見通し】株式のパニックは一服、きょうは英 ...
02/08 07:59
また、英国民投票時の水準までポンドドルが上昇してきており、ポンド高けん制発言にも ... 連銀総裁、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁などの講演が予定されている。カナダでは、ウィルキ
欧米為替見通し:ドル・円は軟調か、世界的株安で週明け107円台に .
02/09 10:38
欧米為替見通し:ドル・円は軟調か、世界的株安で週明け ... 18:30 英・12月鉱工業生産(前月比予想:-0.9%、11月:+0.4%)・18:30 英・12月貿易収支(予想:
米金利の上昇でついに株価暴落!「RBA、RBNZとBOEの政策会合
02/06 03:27
米金利の上昇がついに株価暴落を引き起こし、一方でドルが買い戻された波乱の週末を終え ... も事実であり、対外不均衡の拡大懸念もあって長期的なポンドの見通しは明るいとはいえません。
ともかく寒い 平昌は冬季五輪には寒すぎる?
02/10 06:52
大会関係者もこの点を懸念し、440万ポンド(約6億7000万円)かけて人工降雪機を投入した ... アルペン競技場では、3カ所のポンプ場から給水し、降雪機250機が設置された。 カ
ホットストック:アルビスが急落、公募増資などによる需給悪化を懸念
02/20 09:18
[東京 20日 ロイター] - アルビスが急落。19日に公募増資と第三者割当増資などで最大で約58億6630万円を調達すると発表した。59万3200株の新株発行とともに、49万81
英、EUと同一関税維持が離脱後の選択肢に=欧州議会議員
02/20 09:16
[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州議会のダヌータ・ヒューブナー議員(ポーランド出身)は19日、英国の欧州連合(EU)離脱後の関税同盟に代わる取り決めについて、英国が対外貿
物価目標達成、デフレ脱却を証明するもののひとつ=麻生財務相
02/20 09:14
[東京 20日 ロイター] - 麻生太郎財務・金融担当相は20日、閣議後の会見で、日銀が掲げる2%の物価目標達成は「デフレ脱却を証明するもののひとつ」と述べた。その上で、日銀の新体
UPDATE 1-ホットストック:三菱自が4日続伸、三菱商がTOBで
02/20 09:13
[東京 20日 ロイター] - 三菱自動車工業が4日続伸。三菱商事が出資比率を現在の1割弱から約2割に引き上げる方針を固めたと報じられ、材料視されている。日本経済新聞が20日付で報
〔マーケットアイ〕株式:寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行
02/20 09:12
[東京 20日 ロイター] - <09:10> 寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比94円8

為替レポート

コインチェック事件と「仮想通貨」バブル
コインチェック事件と「仮想通貨」バブル
(02/20)
発表元:世界経済評論IMPACT
Daily Market Report(2月16日)
Daily Market Report(2月16日)
(02/20)
発表元:三菱東京UFJ銀行
投資環境ウィークリー 2018年2月19日号~株高、金利上昇のリスクオン相場の中で、ドル円は106円台への円高が進行
投資環境ウィークリー 2018年2月19日号~株高、金利上昇
(02/20)
発表元:三菱UFJ国際投信
先進国 一週間の為替・債券市場
先進国 一週間の為替・債券市場
(02/20)
発表元:大和投資信託
Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し。本号のポイント:株安が去り、ドル安と長期金利上昇が残った...
Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し。本号
(02/20)
発表元:三井住友銀行
株価検索株式ニュース為替情報米国株金価格投資書籍口座開設
当サイトに掲載されている内容は情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としておりません。 また提供される内容及びデータの正確性、完全性、有効性を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。 実際の取引を行う際は金融機関の担当者にご確認の上、ご自身の判断で行うようにお願い致します。 当サイトはブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用下さい。