為替情報ネットナビ - 英ポンド/カナダドル GBP/CAD リアルタイム為替チャート

為替計算機:  株価検索
InstaForex is a universal Forex portal for traders
英ポンド/カナダドル

NEWS

対サウジ制裁検討する可能性も、記者失踪巡り=トランプ米大統領
GMOクリック証券
取引手数料0円、高水準のスワップポイント、証券会社の強みを生かし、証券口座とFX口座間の即時振り替えが可能です。 取引システムの使いやすさNO.1!初心者からデイトレーダーにも好評の高性能取引ツールが無料で使えます。

>>詳しくはこちら

英ポンド/カナダドル GBP/CADの為替ニュース

ユーロとポンド上昇、ブレグジット交渉打開期待で=NY市場
10/20 00:05
[ニューヨーク19日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロとポンドが対ドルで上昇。メイ英首相 ... 性もある。 カナダドルは対ドル ...
〔マーケットアイ〕外為:英ポンド147円付近で軟調、英国のEU離脱
10/15 04:52
とされるほか、英ポンド/円などクロス円の上値の重さが、ドル/円の上昇余地を狭めているとの指摘が聞かれる。 英北東部に拠点を持つ日産 ...
NY市場サマリー(19日)
10/20 00:10
[19日ロイター] - <為替> ユーロとポンドが対ドルで上昇。メイ英首相が欧州連合 ... ぶり安値を付けた。 カナダドルは対ドルで5週間 ...
ビッグイベント前の前日、方向感が出ているのは利上げ期待の ...
10/17 05:50
前日については、引き続き24日のBOC(カナダ ... 交渉官が「英離脱移行期間を1年延長する可能性に柔軟姿勢」とも発言しているので、徐々にリスクヘッジの動きを織り込みつつあります
【通貨】欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、米株反発 ...
10/19 10:48
19日の欧米外為市場では、ドル ... 17:30 英・9月公的部門純借入額(銀行部門除く)(予想:+45億ポンド、8月:+68億ポンド) ・21:30 カナダ・9月消費者 ...
米朝首脳再会談、来年にずれ込む見通し=米当局者
10/20 06:46
トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の再会談は年内に実現しない見通しだと、米政権当局者が19日明らかにした。
NY市場サマリー(19日)
10/20 06:45
<為替> ユーロとポンドが対ドルで上昇。メイ英首相が欧州連合(EU)離脱(ブレ グジット)交渉で最大の懸案となっている要求を取り下げる用意があるというブルームバーグの報道が材料視さ
NY外為市場=ユーロとポンド上昇、ブレグジット交渉打開期待で
10/20 06:39
ドル/円 NY終値 112.54/112.56 始値 112.36 高
〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(19日)
10/20 06:35
円 112.54/112.56 ユーロ 1.1513/1.1516 スイスフラン 0.9963/0.9967 英
ムーディーズ、イタリアを格下げ 財政赤字拡大の見通しで
10/20 06:31
米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは19日、イタリア政府の自国通貨・外貨建て発行体格付けを「Baa2」から「Baa3」に引き下げた。見通しは「安定的」。

為替レポート

Daily Market Report(10月18日)
Daily Market Report(10月18日)
(10/20)
発表元:三菱UFJ銀行
企業の予想為替レートとPTM行動の非線形性【ノンテクニカルサマリー】
企業の予想為替レートとPTM行動の非線形性【ノンテクニカルサ
(10/20)
発表元:経済産業研究所
FX Weekly(10月19日号)『ドル円:リスク回避地合いで方向感見出し難い推移』 / Fedは低インフレでも段階的利上げ継続なのか?...
FX Weekly(10月19日号)『ドル円:リスク回避地合
(10/20)
発表元:三菱UFJ銀行
為替条項~実はそれほど脅威ではない可能性:市川レポート No.578
為替条項~実はそれほど脅威ではない可能性:市川レポート No
(10/20)
発表元:三井住友アセットマネジメント
Daily Market Report(10月17日)
Daily Market Report(10月17日)
(10/19)
発表元:三菱UFJ銀行

書籍ランキングTOP5(Amazon)  01月01日 更新

株価検索株式ニュース為替情報米国株金価格投資書籍口座開設
当サイトに掲載されている内容は情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としておりません。 また提供される内容及びデータの正確性、完全性、有効性を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。 実際の取引を行う際は金融機関の担当者にご確認の上、ご自身の判断で行うようにお願い致します。 当サイトはブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用下さい。