為替情報ネットナビ - シンガポールドル/円 SGD/JPY リアルタイム為替チャート

為替計算機:  株価検索
InstaForex is a universal Forex portal for traders
シンガポールドル/円

NEWS

〔需給情報〕外資系証券経由の注文状況は590万株の買い越し観測=市場筋
GMOクリック証券
取引手数料0円、高水準のスワップポイント、証券会社の強みを生かし、証券口座とFX口座間の即時振り替えが可能です。 取引システムの使いやすさNO.1!初心者からデイトレーダーにも好評の高性能取引ツールが無料で使えます。

>>詳しくはこちら

シンガポールドル/円 SGD/JPYの為替ニュース

UPDATE 1-アジア通貨動向(30日)=軟調、米利上げ観測の高ま
05/30 08:03
Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前 日NY市場引け値。 Currency Latest bid Previous day Pct
ハイフラックスの純利益30%増 16年1~3月期
05/17 16:44
ハイフラックス(シンガポールの水処理施設大手)2016年1~3月期の純利益は、前年同期比30%増の732万シンガポールドル(約5億8000万円)となった。シンガポールとオマーンにお
自動車ローン規制を緩和、需要停滞を受け[車両]
05/30 16:55
シンガポールの金融管理庁(MAS ... を、車両本体の市場価格が2万Sドル(約160万円)以下の車両で最大60%、2万Sドル超で同50%に制限している。今回の規制緩和によって、上
スクート、初の通期黒字化 燃料価格の下落や路線拡大も寄与
05/24 06:15
2016年3月期は2,800万シンガポールドル(約22.3億円)の黒字となった。2015年3月期は6,700万シンガポールドル(約53.4億円)の赤字だった。また、シンガポール航空
香港よりシンガポールが先 不動産の底入れでラサール見解
05/27 22:48
不動産運用が580億ドル(約6兆3700億円)を超えるラサール・インベストメント・マネジメントは、シンガポールの方が香港より不動産市場の底入れが近いとの見解を示している。 シンガポ
〔需給情報〕外資系証券経由の注文状況は590万株の買い越し観測=市場
05/31 08:35
[東京 31日 ロイター] - 株式市場筋によると、寄り付き前の外資系証券5社 経由の注文状況は以下の通り。 (株数ベース・万株)
UPDATE 1-今日の株式見通し=底堅い、重要日程を控え商いは盛り
05/31 08:27
(内容を追加して更新します) [東京 31日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値  
〔マーケットアイ〕外為:ドル110.40―111.70円の見通し、増
05/31 08:12
きょうの予想レンジはドル/円が110.40―111.70円、ユーロ/ドルが1.1090─1.1190ドル、ユーロ/円が122.90―124.20円とみられている。
今日の株式見通し=底堅い、重要日程を控え商いは盛り上がらず
05/31 08:01
[東京 31日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値  
原油先物が小幅上昇、OPEC総会控え振れやすい地合い
05/31 07:53
[30日 ロイター] - 原油先物は米国が休場で薄商いのなか小幅上昇。石油輸出国機構(OPEC)総会が2日に開かれるが、市場は生産面での合意は見込んでいない。

為替レポート

ブラジル・レアルと豪ドルの推移(対米ドル)
ブラジル・レアルと豪ドルの推移(対米ドル)
(05/31)
発表元:大和投資信託
Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し。「サミットと政策協調」「米国の利上げに向けた動き」
Forex Weekly~ドル、円、ユーロの為替見通し。「サ
(05/29)
発表元:三井住友銀行
急激な円高はなぜ発生したのか
急激な円高はなぜ発生したのか
(05/27)
発表元:資本市場研究会
日米重要イベントとドル円相場の展望:市川レポート No.252
日米重要イベントとドル円相場の展望:市川レポート No.25
(05/27)
発表元:三井住友アセットマネジメント
人民元週間レポート【難しい舵取りを強いられる当局】2016年5月20日
人民元週間レポート【難しい舵取りを強いられる当局】2016年
(05/25)
発表元:みずほ銀行
株価検索株式ニュース為替情報米国株金価格投資書籍口座開設
当サイトに掲載されている内容は情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としておりません。 また提供される内容及びデータの正確性、完全性、有効性を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。 実際の取引を行う際は金融機関の担当者にご確認の上、ご自身の判断で行うようにお願い致します。 当サイトはブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用下さい。