為替情報ネットナビ - 米ドル/カナダドル USD/CAD リアルタイム為替チャート

為替計算機:  株価検索
InstaForex is a universal Forex portal for traders
米ドル/カナダドル

NEWS

米ゴールドマン、英労働党「影の財務相」と面会へ 関係改善狙う
GMOクリック証券
取引手数料0円、高水準のスワップポイント、証券会社の強みを生かし、証券口座とFX口座間の即時振り替えが可能です。 取引システムの使いやすさNO.1!初心者からデイトレーダーにも好評の高性能取引ツールが無料で使えます。

>>詳しくはこちら

米ドル/カナダドル USD/CADの為替ニュース

IMM通貨先物、ドル売り越しが3週連続で増加
12/09 16:00
[8日ロイター] - 米商品先物取引委員会(CFTC ... ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する売り越し額は42億8000万ドル。前週
〔需給情報〕IMM通貨先物、ドル売り越しが3週連続で増加
12/09 16:00
この週のドル相場は米税制改革に対する楽観的な見方や米利上げ期待を背景 ... 12月5日終了週 前週 コード ロング 17,891 17,581 ショート 47,458 47,76
GGP、148億ドル買収案拒否 カナダ不動産のブルックフィールド
12/11 21:08
米不動産会社GGPが、カナダの同業ブルックフィールド・プロパティー ... ブルックフィールドは先月、ショッピングモールを所有するGGPに対し、未保有分である66%の株を148億ド
【NY外為】ドルと円が上昇、リスク回避広がり-加ドル安い
12/07 01:21
ドルは対円で0.3%下げて1ドル=112円27銭、対ユーロでは0.3%高の1ユーロ=1.1795ドル。 主要通貨の中で米ドルに対する下落が目立ったのはカナダ・ドル(0.8%安)だっ
週明けのドル/円は、大幅円安でオープン!米税制法案可決で
12/04 02:31
トランプ大統領の法人税減税法案が、僅差ながらも米上院で可決されたことを好感した買いが入りました ... また、ロシアとの関係も更に悪化することが懸念されます。 カナダドル:指標強く
UPDATE 2-米国、前提条件なしで北朝鮮と直接対話の用意=国務長
12/13 10:45
[ワシントン 12日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は12日、北朝鮮と前提条件なしで直接対話する用意があると述べた。核放棄を対話の条件としていた従来の姿勢を修正したとみられ
韓国、仮想通貨に関する緊急会議開催へ 関連措置は15日発表
12/13 10:44
[ソウル 13日 ロイター] - 韓国政府は仮想通貨取引について話し合うため、緊急会議を招集した。中銀当局者が13日に明らかにした。関連措置を15日に発表する予定。
UPDATE 2-機械受注10月予測上回る アジア需要強く製造業から
12/13 10:38
[東京 13日 ロイター] - 内閣府が13日に発表した10月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比5.0%増の850
米ゴールドマン、英労働党「影の財務相」と面会へ 関係改善狙う
12/13 10:38
[ロンドン 12日 ロイター] - 英最大野党・労働党の「影の財務相」であるジョン・マクドネル議員は、米金融大手ゴールドマン・サックスの経営トップからの面会要請を受諾した。金融機関
銘柄速報:マツオカの初値は3800円、公開価格を約46%上回る
12/13 10:32
[東京 13日 ロイター] - *この記事は見出しのみの速報です。

為替レポート

Daily Market Report(12月11日)
Daily Market Report(12月11日)
(12/13)
発表元:三菱東京UFJ銀行
アジア主要通貨・株価の動き (2017.12.11)
アジア主要通貨・株価の動き (2017.12.11)
(12/13)
発表元:国際金融情報センター
新興諸国 一週間の為替・債券市場
新興諸国 一週間の為替・債券市場
(12/13)
発表元:大和投資信託
マンスリー通貨レポート(2017年12月号)
マンスリー通貨レポート(2017年12月号)
(12/13)
発表元:明治安田アセットマネジメント
人民元週間レポート【ITサービス業の育成を強化する中国】2017年12月8日
人民元週間レポート【ITサービス業の育成を強化する中国】20
(12/12)
発表元:みずほ銀行
株価検索株式ニュース為替情報米国株金価格投資書籍口座開設
当サイトに掲載されている内容は情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としておりません。 また提供される内容及びデータの正確性、完全性、有効性を保証するものではありません。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負いません。 実際の取引を行う際は金融機関の担当者にご確認の上、ご自身の判断で行うようにお願い致します。 当サイトはブラウザの設定でJavascriptを有効にしてご利用下さい。